FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
(牙狼SS)マリヴの誘惑4
2012-06-26 Tue 00:53



これ、後日余力があったら 戦闘シーンを追記で入れてみようとは思っていますが
なんせ今は余力がない……

へろへろだぁ.。o○


(→ やっぱり どうしても戦闘シーンがほしくて マリヴシリーズ5に入れました)


とは言っても この肉体労働な日々はけっこう気に入っていて
内勤には変わりたくない私です。



read moreから マリヴの誘惑4









 
 
 
 
 
 
 


***マリヴの誘惑4***






魔戒道を抜けた先で鋼牙を待ち構えていたのは、黒尽くめの男だった。


「よぉ鋼牙、」


その身をユラリと電柱から起こす。
東の管轄を守る魔戒騎士、涼邑零――トレードマークのドリームキャッチャーと双剣を象った刺繍が施された継ぎはぎだらけの黒いコートが風にハタハタと揺らめいている。



「随分早かったじゃないか、そんなに俺に会いたかったのか?
それとも――さっさと片を付けて、一刻も早く愛しの姫君の元へ戻りたいとか……」


元老院付きとなり、名実共に魔戒騎士最高位となった最強の黄金騎士牙狼、冴島鋼牙にここまで抜け抜けと言い放てる男は、魔戒広しと言えども零くらいだろう。



「無駄口を叩くな、地脈の位置はどこだ」



「ふぅ、相変わらず面白みのない男だな、おい鋼牙、そんなんじゃいつまでたっても女の子にモテナイぜ?」



返事の代わりに鋼牙はギロリと零を睨みつける。



何を今更だ。 モテタイと思ったことなど断じて一度もない。
自分には生涯愛すると心に誓ったカオルが居る。
もっとも 本人にそう伝えた事は一度もないが……
カオルは約束の地へと旅立った自分を信じ、待っていてくれた。
それだけで充分だ。



そう思う気持ちとは別に ホテルで待っているであろうカオルの元に一刻も早く行ってやりたいと思う気持ちを零に言い当てられて忌々しくも思った。



「行くぞっ」



「はいはい、案内しますよ、黄金騎士様」




地脈に沿って出来た巨大なゲートから出現するホラーはおそらく100体では きかないだろう。東の番犬所の神官は 魔界に入るための魔導馬を使える騎士3人を呼び寄せようとしたが
生憎 閑岱の山刀翼は 白夜騎士打無として司る神事を遂行している最中で召集が叶わなかった。




「鋼牙、また俺たちの魔道具を交換しちゃったりする?」


「くだらん……」


「どうだ、ひとつ賭けをしないか?」 


「賭け?」


「先に魔界から帰還した方が、勝ち」


『ちょっとあんた達、』


『大人気ないぞっ』


「俺が勝ったら カオルちゃんと一日デート……ああ…… 最後にポートホテルの最上階のバーで夜景を眺めながらカクテルを味わう、なんてのもロマンチックだなぁ」


「……俺が勝ったら……?」


「そうだな、鋼牙が勝ったら 鋼牙の代わりに俺がカオルちゃんとデートしてやるよ。ポートホテルの部屋なんてとっちゃって ルームサービスを頼んで……//」



「く だ ら ん」



一言で斬って捨てると鋼牙はまっすぐ前を向いてずんずん歩く。
顰めッ面で不機嫌そうに見えるが
実は口で言うほど不機嫌ではない事を零は知っていた。


強い騎士の定めか――
相手が強大であればあるほど 鋼牙の魔戒騎士としての血は熱く滾(たぎ)り
腕が鳴る。
ましてや 自分が信頼し、背を預けられる銀牙騎士絶狼との共闘に
燃えない訳がない。



―― カオル、待っていろ、俺はすぐに行く。



やがて 廃墟と化した巨大な総合病院の跡地の前に立った二人の騎士は
互いにひとつ頷くと 魔戒剣で頭上を切り裂き鎧を召喚した。



「轟天っ!」「銀牙っ!」



巨大化した魔戒剣を構え 地脈の裂け目に向かって一直線に走りながら
二人は同時に彼らの魔導馬を召喚する。



「「うぉぉぉぉぉぉぉぉっ!!」」



鬣(たてがみ)を靡かせ(なび)かせ、前脚を高々と振り上げながら
主人の雄叫びに応える魔導馬は轟天。


地面を数度蹴りながら 主人の轡が入るのを今か今かと待っている忠馬は銀牙。



「鋼牙、行くぜ!」



「承知」




二人の騎士は 彼らの馬の鐙を一つ蹴ると 地脈の裂け目にその身を躍らせた――




一方その頃 倉橋ゴンザは、と言うと……









~つづく~






スポンサーサイト
別窓 | 脳内妄想二次小説 | コメント:4 | top↑
<<(牙狼SS)マリヴの誘惑5 | もうひとつの夜~GARO~ | 嬉しいお知らせ♪>>
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-06-26 Tue 11:31 | | #[ 内容変更] | top↑
零くん
わーい。零くんだ。やっぱいいなぁ。
と、いう訳で、一期の『悪夢』見てしまいました。皆若いなぁ。

この先大丈夫ですか?何だか心配ですが・・・きっとhitoriさんのこと新たな展開があるのでしょうね。期待してます。

2012-06-26 Tue 22:33 | URL | 奏 #-[ 内容変更] | top↑
Re: うふうふうふうふ・・・
06/26 11:31の鍵コメ様

いやいやいやいや…… むしろきちんとまとめて出しやがれ! ですよね(爆)

先の見えない撮って出しって怖くないですか?

でも まず自分が長文が読めない残念な子です(>_<)
ちょびちょびとページを捲っていく方が なんかやりやすくて……

ただ、正直 毎日更新なんてこれっぽっちも思ってないんですよwww

風の吹くまま気の向くまま。

コメントで 鍵コメ様のように期待をお寄せくださる方がいらっしゃるので
背中を押して頂いているだけです。謝謝
2012-06-27 Wed 18:42 | URL | hitori #-[ 内容変更] | top↑
Re: 零くん
私も 「悪夢」 をリピートして書いてますよ~.。o○
やっぱり魔戒騎士には馬です!
鋼牙と零と 二人並んで鎧を召喚し 馬に乗って疾走する様は 胸アツですっ!!


>この先大丈夫ですか?何だか心配ですが・・・


はい。私も心配です。
まぁ 私がギブアップしたら 骨は拾ってくださいwww
大丈夫です、今回はエロにはしないつもりなので……
2012-06-27 Wed 18:48 | URL | hitori #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  管理者だけに閲覧
 

| もうひとつの夜~GARO~ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。